1. Top
  2. » 野球関連
  3. » プロ野球 時事ネタ
  4. » ネタが無いので何も考えずにダラダラ書いてみる。その2

ネタが無いので何も考えずにダラダラ書いてみる。その2

 銀座の巨人優勝パレード、凄い人だったみたいだね。

 行きたかったけど流石に厳しい。名古屋で巨人優勝パレードやってくれたらいいのに・・・。中日の存在があるし、絶対無理だろうけど(^^;;;


 さて、昨日の続き。

 活躍するべき人が活躍するのは当たり前。元々戦力として計算された人達だ。
 それよりも、ほとんど期待していなかった選手が結果を残す。こちらの方が印象に残るし、チーム力の上昇に繋がる。

 それも一時だけではなく、シーズンを通して戦力になる。そんな選手が今年、巨人には何人かいた。特に私が注目したのは高橋由福田の2人。


 高橋由に関しては怪我さえなければ結果を残す選手の一人。
 ここ数年は怪我に苦しみ、出場試合数は激減。今年も開幕前、「どーせ途中で離脱するんだから戦力として見ない方がいいだろ」と思っていたのだが・・・

 ごめんなさい。頭を下げることしかできませんm(--)m


【2012年度成績:打率 .239 出塁率 .356 本塁打 8 打点 56】

 数字的にはもの足りないかも知れないが、ここぞという場面で打つから印象に残る。満塁時の打率は5割を超える勝負強さ。満塁本塁打も2本放っている。
 杉内のノーヒットノーランをアシストしたのも高橋由だった。

 そして高橋由といえば出塁率。特に後半戦、四球を選びまくってチャンスメイクしたのは記憶にも新しい。長野、坂本、阿部以外は期待できなかった時期に、高橋由がいなかったら快進撃は無かったかも知れない。

 今年は谷の存在も大きかった。谷がいなかったら春先の不調から抜け出すのに、もう少し時間が必要だったはずだ。
 ベテランの力はやはり必要だと思わせるシーズンでもあった。


 そして福田。今年投げた福田は、本当に福田だったのか!?

 私の知っている福田は、球威はあるがストライクが入らず、当たり前のように四球を出して勝手に自滅する投手。
 正直、顔も見たくない選手の一人だった。しかし・・・


【2012年度成績:登板数 50 8勝1敗17H 防御率 1.61】

 終わってみれば中継ぎとして大車輪の活躍。ロングリリーフから敗戦処理まで、困ったら福田が投げる。そして当たり前のように抑える。
 まるで初年度の山口のような使われ方で、勝ち星も中継ぎ登板だけで8つも稼いだ。

 今年の巨人は妙に強く、中継ぎ投手はリードしている場面で投げることが多かった。福田も勿論その一人。それにも関わらず、福田は一度も先発投手の勝ち星を消していない。これは勝ち数や防御率以上に、凄いことだと思う。

 今年は本当によくやってくれた。たま~に四球で崩れかけることもあったが、福田に四球は付き物。結果として抑えれば問題ないね、うん!


 また長くなってきたので今回はここまで。次回があれば続く・・・

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://konyahara5.blog.fc2.com/tb.php/199-d09fc194

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

プロフィール

tate

Author:tate
名古屋在住の巨人ファン。
地元の青い球団は好きではない。

元野球ブログ。
現在はキューポッシュ、ねんどろいど等の小さなフィギュアで遊ぶブログ。
時々ゲームブログ。


とび森マイデザインまとめました。
お探しの方はコチラへどうぞ。

Switchフレンド募集中です。
SW-1860-4179-2608

カテゴリ
最新記事
その他
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 各種ブログランキング、Amazonア
 ソシエイトに参加しています。