1. Top
  2. » 2012/05

2夜連続で試合を決めた高橋由。

内海、5勝目!巨人、今シーズン最多の貯金8!!(スポーツ報知)

 杉内のノーヒットノーランをお膳立てした前日に引き続き、この日も試合を決定付けたのは6番高橋由だった。前日は逆方向への高橋由らしい一打、そしてこの日はライト方向へ高々と上がる一発。打った瞬間はライトフライかと思ったが見事にスタンドイン!流石だ!

 この人は怪我さえ無ければ確実に結果を残してくれる。昨年から統一球も全く苦にしていないし、天才打者はまだまだ衰えていない。

 そしてエドガーの初ヒット初打点。これまで「2軍で調整してこい!」と散々言ってきたが、ここは素直に謝っておくべきか・・・(^^;;;
 エドガーがこの調子で打ってくれるなら、エドガー、ボウカーと並べたスタメンも面白いかも知れない。谷、高橋由はどうしても休養が必要になる。そこでファーストにエドガー、レフトにボウカーの選択肢が出てくる訳だ。

 ただ、ボウカーのファースト守備が上手いだけに、少し勿体無い気もするが・・・


 安定した強さを誇る巨人だが、打線に関してはもっと点を取れるはず。

 前日もこの日も、得点圏にランナーを置いてからのあと1本がなかなか出なかった。特にこの日の試合はもっと楽に勝ててもおかしくはなかったはずだ。
 高橋由の本塁打が無かったらと考えると、少し不安になるゲーム内容だった。


120531.jpg

 久しぶりにスポーツ報知を買ったよ!紙面は当然杉内一色!

 普段は喫茶店で流し読みするだけなのだが、この日の新聞はやっぱ買わなきゃね。あとでじっくりと読むことにする。(実はまだ読んでいない(^^;;;)

完全試合惜しかった・・・。でも杉内凄い!

杉内、ノーヒットノーラン達成!マエケン以来75人目の快挙!(スポーツ報知)

 9回2死からの四球は残念だったが、ノーヒットノーランはお見事!流石杉内!

 8回に入った辺りからメチャクチャ緊張した。観てるだけでもあれだけ緊張したのだから、投げている本人、守っている野手の緊張は想像を絶するものだろう。
 9回はストライクが入る度に大歓声。1球1球、投げる瞬間にドキドキしまくり。野球の試合を観てこんなに緊張したのは久しぶりだ。杉内凄い!本当に凄すぎる!

 対する楽天田中も杉内に負けず劣らぬ素晴らしい投球だった。

 試合は息詰まる投手戦。実はこの日、私が帰宅して試合を観始めたのが午後7時過ぎ。その時、既に5回が終わる場面だった。あまりにも早い試合展開に驚きを隠せなかった。
 好投手同士、投手戦になるのは予想していた。しかし、ここまで白熱し、緊迫し、衝撃的な試合になるとは誰が予想しただろう。

 ノーヒットノーランで締めた杉内、試合を決めた高橋由は勿論だが、最後まで気迫溢れる投球で試合を盛り上げた田中も称えたい。本当に感動した。


 ノーヒットノーランの記録はこの日の杉内で86回目。今年4月6日、広島前田健太以来75人目の達成。巨人の選手では94年、槙原寛己の完全試合以来の達成となる。

 贔屓チームの選手の記録達成をその場で観るのは生まれて初めての経験。予想以上に興奮した。これだから野球観戦はやめられない!とまらない!

オールスター中間発表。巨人勢頑張れ!

G杉内、セ先発部門トップ!江夏以来快挙へ(Yahoo!ニュース)

 そういえばオールスターの投票始まってたんだね。すっかり忘れてた(^^;;;

 中間発表では杉内、阿部、坂本、長野の4人が各部門でトップ。最多得票は2000本安打を達成し、尚も絶好調の日ハム稲葉。
 同じく今季2000本安打を達成したヤクルト宮本もセの三塁手部門でトップを独走中。

 セ中継ぎ部門では中日浅尾がトップだが、僅差で山口が追っている。浅尾は不調で現在2軍調整中なだけに、山口には何としてでも1位になって欲しいところ。
 成績と得票数が比例しないのもオールスター投票の面白いところではあるが・・・

 そして二塁手部門。巨人からノミネートされてるのは寺内なのに、得票数は藤村しか表示されてない・・・。ま、負けるな寺内!頑張れ寺内!応援してるぞ!(^^;;;


 投票はこちらから。みんなでオールスターを盛り上げよう!

村田のホームランには痺れた。

ホールトン、中田にやられた!6回途中3失点で4敗目(スポーツ報知)

 ・・・んー、何というか、打率1割台の打者相手に何やってるの?と言いたい。

 相手の4番、中田翔はこの試合まで20打席ノーヒット。打率.151と絶不調。打ち始めたら恐い打者なだけに、決して目覚めさせてはいけなかった。

 先発のホールトンは2回に失点した以外は悪くはなかった。
 それだけに2回の中田に打たれたヒット、その直後の盗塁が痛かった。ヒットは仕方ないにしても簡単に走られすぎ。少しは警戒しろ(--;;;

 そして7番加藤に犠牲フライを打たれた球。犠牲フライで済んでよかったが、下手をしたらホームランになっていてもおかしくない球だ。よく1点で済んだものだ。

 3回以降は立ち直ったが7回、またもや中田に甘い変化球をスタンドインされノックアウト。
 ホールトンには球数制限を設けた方がいいのかも知れないね。中盤から終盤になると相変わらず高めに抜ける球が目立つようになる。
 中継ぎ陣は好調だし、早め早めの継投をしていれば勝ちも拾えるはず。


 打撃陣ではエドガー。まだまだ調整不足。一度ファームに落とすべき。
 我慢して使い続けたボウカーがやっと打ち始めた。それなのにそのボウカーを外し、またエドガーを我慢して使うつもりか。それでは本末転倒だろう。

 後は高橋由と谷の打順を入れ替えた意味もよくわからない。打線をジクザクにしたかったのかも知れないが、それだけの為にずっと機能していた打順を変更するのもどうなのか。

 ・・・愚痴ばかりになってしまった。反省。


 この日、2本出た巨人のホームラン。特に村田のホームランは凄かった。
 打った瞬間に入ると確信し、立ち止まって打球の行方を確認する村田の姿は最高にかっこよかった。あの飛距離のホームランは久しぶりに見た気がする。メチャクチャ飛んだよね。

 やはり野球の醍醐味はホームラン。今後も期待してますよ!村田さん!

価値ある勝利!星野おめでとう!

星野、3回完璧でプロ初勝利!山口は22戦連続無失点!(スポーツ報知)

 先発は前日の試合でも投げなかった福田かと思いきや、2年目の小山。
 宮國の昇格が見送られ、ゴンザレスもまだ無理。誰が投げるのかワクワクしていたのだが、小山は予想外だった。

 ちなみに小山の昨年の成績は3試合に先発し、0勝0敗 防御率3.46。今季初先発。

 その小山は初回に1失点し、3回の打席が回ってきたところで代打を送られ降板。もう少し小山の投球を見たかった・・・残念。
 1失点したとは言え、半分は阿部の責任だ。タイムリーを打たれる前の暴投、あそこは阿部がきちんと取ってあげないと。直後に同点弾を放つ辺りは流石だが。

 この日は正直、負けを覚悟で試合を観戦していた。実績のない小山に対し、相手は武田勝。前日の成瀬に負けずも劣らない左の好投手だ。
 恐らくベンチも勝てれば儲けものと考えていたのではないか。そしてその試合で勝ちが転がり込んだ。この1勝はとてつもなく大きい。


 前日は左対策で右打者を並べたのに対し、この日は藤村、ボウカーをスタメンに戻した。これには少し疑問を感じる。武田勝は左打者が苦手というデータがあるのだろうか。
 起用法が曖昧では選手のモチベーションにも関わってくる。相手が右投手の時は藤村、左投手なら寺内というように、ハッキリと使い分けた方が良い。

 ・・・去年のように日替わりオーダーになるよりは遥かにマシだけども。


 この日一番嬉しかったのは4回から2番手で登板した星野がプロ初勝利を挙げたこと。
 星野も山口や松本と同じ、育成出身の選手。育成契約から這い上がってきた選手が活躍するのは凄く嬉しい。初勝利おめでとう!これからも貴重な中継ぎとして頑張って!

 勢いに乗って明日も勝とう!頼むぞホールトン!

静まれぇい!静まれぃ!この紋所が・・・(以下略

 内部資料の流出問題で、球団側は資料を持ち出したのは清武氏の可能性が高いと結論を出した。まぁ、普通に考えれば清武さんしかいない・・・よねぇ。

 というか、既にシーズンも始まって交流戦真っ只中な訳で。そろそろこの騒動も落ち着いて欲しいと思っているのは私だけではないはず。
 一番迷惑なのは現場の監督コーチ、そして選手だ。

 元になった清武さんの騒動に内部資料流出による契約金超過問題、清武さんに関する騒ぎは今後も長期的に騒がれるのは間違いない。
 マスコミ等の一部の人間は面白がるかも知れないが、純粋にプロ野球を楽しみたいファンとしては迷惑なだけだ。騒ぐとしてもシーズンオフだけにして貰いたい。

 最初の騒動が日本シリーズ中で、契約金問題の時はシーズン開幕直前。
 清武さんは注目を引く為に時期を選んでワザとやっているのか。仮にも球団代表だった人間がそんなことをするとは思えないが、少しはタイミングを考えて欲しかった。


※参考リンク

 ・清武英利による渡邉恒雄告発問題(ウィキペディア)
 ・読売巨人軍の契約金報道問題(Yahoo!ニュース)

長野の本塁打で完封は逃れたが・・・

沢村、4失点で4敗目!巨人11連勝ならず(スポーツ報知)

 昨日調子に乗って「負ける気がしない」と書いたら負けたじゃないか(^^;;;

 この日の成瀬のように、良い投手が相手だとなかなか勝つのは難しい。流石パの首位チーム、そう簡単には連敗してくれないね。

 左の成瀬対策として巨人は2番寺内、8番エドガー、9番加治前とスタメンに右打者を並べて挑んだ。しかし加治前が1安打しただけで寺内、エドガーはノーヒットに終わる。
 個人的には相手が左でもボウカーを使い続けて欲しかった。エドガーはまだまだ実践慣れしていないし、しばらくはファームで調整させるべきではないか。

 ファームと言えば矢野と古城はまだ時間がかかるのだろうか。代打の厚みが増せば終盤でのチャンスが広がるし、勝負強いこの2人には早く戻ってきてほしい。


 負けはしたが、登板間隔の空いていた中継ぎ陣を投げさせることができたのは収穫だ。何事もポジティブに考えないとね!
 ただ福田が投げていないところを見ると、近いうちに先発として使うのだろうか・・・。

 明日27日からは東京ドームに戻って日ハムとの2連戦。厳しい戦いは続く。

好調過ぎて逆に不安(^^;;;

内海8回2失点の好投、原巨人3年ぶり10連勝で貯金7(スポーツ報知)

 負ける気がしない。勢いのあるチームとはこういうものだ。

 春先の不調からは想像できないチーム状態。投手陣は元々良かったが、それに加えて打撃陣、特に坂本、村田、阿部の中軸が調子を上げてきたのが大きい。
 中軸が打ち出すと下位打線にチャンスの場面で回ってくる機会も多くなる。

 開幕時から好調を維持している高橋由、谷に加え、ボウカーも徐々に打ち始めた。今の打線はどこでも点が入る。正に鬼に金棒。犬も歩けばボウカーに当たる。

 ・・・ごめんなさい、言ってみたかっただけですm(--)m


 不安なのは9番松本、2番藤村が全く打てないこと。特に松本。

 初回の満塁の場面。内野の頭を越えない松本の打撃ではゲッツーになるのは容易に想像できた。内海の方が打てるんじゃないのか?とすら思ってしまった。
 それ程ここ数年の松本のバッティングは酷い。

 9回の場面。ボウカーに代打エドガーを送った原監督だが、普通に考えれば松本のところで出すべきではないか。守備固めにはまだ鈴木尚、亀井が残っていた訳だし。
 それにボウカーはこの試合で2安打していたのだ。

 ベンチにも色々考えはあるのだろうが、もっと積極的に追加点を狙っていかないと勝てる試合も勝てなくなる。昨年や春先のチーム状態を決して忘れてはならない。

 守備面での貢献度は高いし、松本を使うことに反対する訳ではないが・・・

今年は2000本安打ラッシュだねー

 2000本安打まで残り1本と迫っているソフトバンクの小久保選手。持病の腰痛が悪化した為、25日からの阪神戦の出場が微妙とのこと。
 23日の試合は強行出場したがノーヒットで3三振に終わっている。

 ファン心理としては早く決めて欲しいが、無理をして悪化させては元も子もない。阪神戦は幸いホームゲームなのでDHで無理せずに出場という手もあるんだろうけど・・・


 今年は既に日ハムの稲葉、ヤクルトの宮本が2000本安打を達成した。

 面白いことに95年ドラフトでヤクルトに同期入団した2人は、揃って1976試合目で達成している。今やチームは違えど、2人の縁の深さを感じられる記録だ。

 そして当時のヤクルトには、同じく2000本安打を達成している古田がいた。同じ時期に、同じチームの中から大記録を達成する選手が3人も現れるとは、当時監督を務めていたノムさんは予想していただろうか。


 小久保が残り1本と迫っているが、中日谷繁も1912本。更には横浜中村紀、ラミレス、そして巨人谷が残り150本以内で続いている。
 順当に行けば来年も2000本安打達成者が複数現れるかも知れない。



※ 追記

 あと1本を残して登録抹消されたようで残念。でも無理はよくない。早期復帰を願う。

敵ながら西武打線の不調が心配。

3年ぶり9連勝!山口、9回無死満塁の危機抑えた(スポーツ報知)

 杉内の投げる試合は安心して見ていられる。打線の援護さえあれば(^^;;;

 この日は早い回から村田が先制本塁打を打ってくれた。しかし相変わらず岸に苦手意識があるのか、それ以外は全く打てない展開だった。

 2008年の日本シリーズで抑えられた印象が強く、岸の名前を聞くのも嫌という巨人ファンも多いはずだ。第4戦でシリーズ初登板初完封毎回奪三振という記録を作られ、その後中2日のリリーフ登板で完璧に抑えられた。
 最終的に3勝4敗で日本一を奪われ、岸はシリーズMVPに輝く。


 しかしこちらの先発は杉内だ。岸に負けず劣らずの投球で8回まで無失点。9回もマウンドに上がったが、中島、中村を歩かせてしまい降板。ここで出てくるのは山口しかいない!
 その山口も続く5番秋山を歩かせてしまい、ノーアウト満塁の嫌な流れになる。

 そして6番ヘルマン。この選手は7回に杉内からヒットを打っている。嫌な打者だ。
 ただ、このヘルマンを抑えれば勝てると感じた。下位打線には山口の球は打てないだろうし、代打陣にも恐そうな選手はいない。
 ヘルマンにはファウルで粘られ嫌な感じはしたが、結果見事空振り三振に仕留めた!

 続く7番阿部はサードゴロダブルプレーで試合終了。山口見事!流石だね!

 だが山口を褒めるべきなのか、西武打線に礼を言うべきか悩むところだ(^^;;;


 この試合を決定付けたのは8回に代打スクイズを決めた石井義。西武を戦力外になり、今年巨人にやってきた選手だ。
 9回1アウトのあの場面。もし相手ベンチに石井義がいたら・・・どうだったかな。

 大型補強と言われる今年の巨人だが、杉内、ホールトン、村田だけではない。内野手の層が薄く、代打陣も手薄な巨人にはこの石井義の加入は大きい。


 25日からはパ・リーグ首位のロッテと対戦。そして週末には日ハムと戦う。絶好調の巨人だが、この2チームに勝ち越せば交流戦優勝も見えてくる!本当の戦いはこれからだ!

交流戦無敗っ!ホールトン3勝目!だけど・・・

5月22日 西武ドーム 西武1回戦
120522.png

 [勝]ホールトン 3勝3敗 [負]牧田 2勝4敗
 [本]坂本5号



 最終回に西村が崩れかけたが、そっちは特に心配していない。

 ただ、先発のホールトンは不安だ。結果的には6回を1失点で抑えて3勝目を手にした。しかし、よく1失点で済んだなと思わせる内容だった。

 これは今回の登板に限らないが、試合中盤になると高めに抜ける変化球が目立つ。阿部のような球数を多く投げさせるリードには合わないのではないだろうか。
 以前グライシンガーの登板時は鶴岡が受けていたように、一度ホールトンも他の捕手と組ませてみてはどうだろう。阿部が抜けると打撃面で弱くなってしまうが・・・


 この日は巨人にとっては今季初のDH制試合。

 高橋由、谷がDHに入ってくることは予想していたが、代わりの外野を守る選手に誰を使うかが楽しみだった。で、使われたのは9番松本。
 打撃は捨てて守備を重視したようだ。しかし9番松本、1番長野、2番藤村では繋がらないのではないか。現に、松本凡退、長野出塁、藤村凡退の展開が2度あった。

 先日のホームの試合。松本が使われた瞬間、もの凄い声援が東京ドームを包んだ。ここ数年パッとしない松本だが、まだまだ人気は健在だ。だからこそ、もっと頑張ってくれ松本!
 今の松本の打撃は全く期待できない。打球が内野の頭すら越えないのだから、ゴロで内野安打を狙うしかない。これも統一球の影響なのだろうか・・・。


 連勝中なのに否定的な事ばかり書いてごめんなさい(^^;;; でも昨シーズンや4月の不調があるだけに、チームが好調でも不安で不安で仕方が無いんだよ・・・

 この日も6回に追いつかれた時、嫌な予感しか無かった。中継ぎが出てきて打たれ、こちらは点が入らずに終了。そんな展開が4月に何度あったことか。

審判にも罰金取るべきだわ。

横浜DeNA:ラミレス先制弾 幻に、ビデオ判定画像に問題/ロッテ戦から(カナロコ)

 この疑惑のシーンはニュースでしか見ていないが、明らかに入っているように見えた。
 長時間のビデオ判定の末、「よく解らないから最初の判定通りファールね」では選手は勿論、ファンも納得しないだろう。あの温厚なラミレスでさえ怒り心頭なのだ。

 ビデオ判定はNPBから支給された家庭用ビデオデッキで録画した映像で判断するらしい。いやいや、今時ビデオデッキて・・・。そりゃ荒くて判断できんわ(--;;;

 一体何の為のビデオ判定なのか。これじゃ意味が無いよ。

沢村4勝目!ソフトバンクに連勝っ!

5月20日 東京ドーム ソフトバンク2回戦
120520.png

 [勝]沢村 4勝3敗 [負]岩崎 3勝5敗
 [本]坂本4号



 今年の沢村の安定感は凄い。連続無失点イニングは途切れたが、6回までは圧巻のノーヒットピッチング。7回途中1失点で見事今季4勝目をあげた。

 沢村は打撃でも4回に2点タイムリーを打つ活躍。本人は「まぐれ」と謙遜するが、真ん中高めの球をレフト方向にはじき返す見事なタイムリーだった。
 この回は坂本のホームランから始まり打者9人の猛攻で4点を奪うビッグイニングとなる。
 投手がタイムリーで繋ぐと一気に押せ押せムードになるよね。続く長野も決して良い当たりでは無かったが内野安打でタイムリーになる。

 ただ、この長野が少し心配だ。
 少し前まで3割を超えてた打率が今では2割8分まで落ちている。特に外角の球を引っ掛けて凡打になるケースが多い。状態が悪いなりにもそれなりに打ってるのは流石だが。

 そしてもう一人心配していたのがボウカー。
 このバッターはよく解らん。際どい球を見極めて無理をしない確実性のあるバッティングをすると思ったら、とんでもないボール球に手を出して三振とか、引っ掛けてゴロとか。
 選球眼は良さそうだし、個人的には結構期待してたりする。エドガーの加入でどう起用されるかが問題だが、意外とファースト守備も良いし、出来れば使い続けて欲しい選手だ。

 そのボウカーはこの試合でタイムリーを含む2本のツーベース(1本は運もあったが)を打つ活躍を見せた。ここ数試合は下位打線にチャンスが回ってくることが多いし、ボウカーが打てば相手にとって脅威になるはずだ。この調子で頑張れ!

内海3勝目。交流戦負け無しの3連勝!

5月19日 東京ドーム ソフトバンク1回戦
120519.png

 [勝]内海 3勝4敗 [セ]西村 1敗9S [負]摂津 5勝1敗
 [本]阿部5号



 内海、山口、西村のリレーでソフトバンクに付け入る隙を与えなかった。

 最後まで内海が投げると思いきや、9回は山口、西村と細かく繋いでの完封リレー。交流戦は先発投手の登板間隔が短くなることもあるし、その辺の配慮があったのかも知れない。

 相手投手が攝津ということもあり、予想通り投手戦に。
 こういった緊迫した試合は本塁打で決まることが多いと言われるが、その例に漏れず6回に飛び出した阿部の2ランが決勝点となる。流石としか言い様がないよね。


 疑問に思ったのはその直後の場面。
 高橋由がヒットで出塁すると、そこに代走鈴木尚が送られる。

 高橋由を引っ込めるの早くないか?そして鈴木尚も終盤まで取っておいた方が良いのではないかなと。この後、追いつかれる可能性もあるのだから。
 それだけベンチは内海を信頼しているという事かも知れないが、今年の巨人の戦いぶりを見ているとどうしても不安を感じてしまう場面であった。

 まぁ結果的には追いつかれる事無く勝てたから良かったのだけれど。


 引き分けを挟んで6連勝らしいが、そんなに連勝している実感が無い。

 8日の横浜戦は負けに等しい引き分けだったし、同じく10日の横浜戦も後味の悪い試合だった。特に8日の試合は酷かった。面白い試合展開ではあったけど、巨人ファンとしては悪夢でしかなかった。思い出したくもない(--;;;

 その後のヤクルト戦からは良い流れで交流戦に入ることができた。それだけに横浜戦の引き分け2試合が勿体無かったと感じてしまう訳で・・・

エドガーが戻ってきた!

 2010年に巨人で活躍したエドガー・ゴンザレス内野手が戻ってきた。

 主にセカンドで出場していたのは覚えているのだが、現時点のボウカーの成績を考えるとファーストで起用されることになるのか。それとも寺内、藤村とのポジション争いになるのか。

 個人的にはセカンドは寺内を希望したい。藤村の足は魅力だが、守備が雑なのが気になるところ。雑といえばエドガーの守備もお世辞にも上手いとは言えなかったはず。致命的なエラーが何度かあった気がする。

 ちなみにエドガーの2010年度の打撃成績は

  試合数100 打率.264 本塁打12 打点44 出塁率.342


 2011年に統一球が採用されている為、この数字はあまり参考にならないかも。でも最近の巨人の外国人選手では当たりの部類だったね。・・・他が酷過ぎるだけにね。
 打撃面なら寺内、藤村よりはエドガーが優れてそうだが、原さんはエドガーをどう使うのだろうか。注目したい。

 内野手と言えば古城もそろそろ戻ってくるし、セカンドのポジション争いが激しくなりそうだ。

あうち!

120518

 油断してた。もう期限だったのね。忘れずに買っておかねば。

 ノートンは3台までインストールできる製品があって、毎年それを購入してる。でも冷静に考えると頻繁に使うPCは1台だけで、残りのPCはほとんど使ってなかったりするんだよね。
 そのうちの1台はネットにすら繋がってないし・・・意味無いな(--;;;

 3年間使える製品もあったはずだ。今回はそっちにしようかな。

第1426回「携帯ケース持ってますか?」

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の藤本です
今日のテーマは「携帯ケース持ってますか?」です。


みなさんは携帯のケースカバーなど持っていますか?
持っていない方はどんなケースがほしいとかありますか?

私はまだ全然ガラパゴスケータイを使用していて
スマートフォンではないのですが
何を買おうか今から迷っていますw

今本当にとても個性的で、さまざまなデザインがありますよ...
第1426回「携帯ケース持ってますか?」


 ケースはスマホには必須だね。素の状態で落としたら一発で壊れちゃう。

 シンプルで無地のケースはお手ごろ価格で売ってたりするが、キャラ物やオシャレなケースは値も張るんだよね。そうなると、そのケースも汚したくない、壊したくない・・・
 なんというか、いざ買っても勿体無くて使えない。ケースのケースが欲しくなる!

 こんな考え方をするのは私だけでしょうか?そんなことないよねきっと(^^;;;

 そんな私は壊れても惜しくないシンプルで安値な物を使ってます。オシャレなケースも買ったんだけど、使う勇気がない・・・もし落とした時のことを考えると・・・(--;;;

 本末転倒だね!

ハイドロカルチャーに挑戦!

 先日購入したテーブルヤシの話。

 ネットで色々と調べてみたのだが、土を使わず室内で気軽に育てることが出来るハイドロカルチャーという方法があるらしい。土ではなくハイドロボールというものを使うことで、清潔かつ無臭で植物を育てられるんだそうで。

 初心者でも容易に始められるっぽいので、やってみることにする!


 ハイドロカルチャーに必要なものは基本的に4つ。

  1.植物(これが無ければ意味がない(^^;)
  2.ハイドロボール(土の代わりになるもの)
  3.根ぐされ防止剤(焼成ゼオライト、ミリオン等色々種類があるらしい)
  4.器(水の量が目で確認できる透明なものが良いらしい)


 植物は勿論先日購入したテーブルヤシ。器も100均で購入した物があるのでそれを使う。

 残りの専門的な物は流石に持っていないので買いに行くことに。100均に売ってないかな~とダイソーに立ち寄ったが、残念ながら見当たらなかった。
 全て100円で揃う程ハイドロカルチャーは甘くはないということか(--;;;

 次にホームセンターの園芸コーナーで探してみることに。
 するとハイドロカルチャーのコーナーがあるではないか!気軽にやれるってことで結構人気があるみたい。見た目もオシャレだしね、女性にも人気なのかな。

 専門のコーナーがあれば探し物も楽だね。ってな訳でサクッと購入♪


120513_1.jpg


 ハイドロボールが200円、焼成ゼオライトが300円くらいだったかな。主役のテーブルヤシより高いじゃん!なんて思ってないよ!ほんとだよ!(^^;;;

 後は器に焼成ゼオライトを敷いて、ハイドロボールを入れてテーブルヤシを植えて完成。


120513_2.jpg


 見栄えが良くなったね。いいねいいね!

 初心者は水のあげ過ぎて根ぐされを起こしやすいそうだ。気をつけよう・・・

 よし、頑張って育てるよ!


ハイドロカルチャー ...

ハイドロカルチャー ...
価格:1,200円(税込、送料別)



ダイソーで植物を買ってみた。

 以前からPCの近くに置けるような小さな観葉植物が欲しいと思っていた。

 ふと立ち寄った100円ショップのダイソーに小さな観葉植物のコーナーがあったので、気に入ったものを一つ買ってみた。テーブルヤシという名称のものらしい。

 買ってみたのはいいが、これまでの人生で植物を育てた経験は無い。小学生の頃にアサガオやチューリップを育てたくらいかな?懐かしいな・・・


120512.jpg


 ネットで調べてみると、このテーブルヤシは寒さに強く、室内の日陰でも育てることができるらしい。初心者にうってつけのようだ。やったね♪

 100均で売っているものがちゃんと育つかどうかは謎だが、折角買ったのだから大切に育ててみようと思う。最大3m程まで成長するようだが、50cmくらいの大きさが一番見栄えが良いらしい。

 うーん、そこまで育ってくれるのかな(^^;;; ま、気長に頑張ってみよう。

記念すべき初記事。テストテスト!

 ブログ登録を終え、適当に設定をして試験的に初記事を投稿。

 これまでにブログをやった経験が無いので作成から運営までの流れがいまいちよく解っていない。地道にやっていけば少しずつ慣れるかな?
 しかし、設定項目が多すぎて何が何だかサッパリ解らない・・・。テンプレートやプラグインは少しずつ触っていけばいいとして、あと重要な項目って何だろう。

 取り合えずは記事の投稿の仕方さえ覚えておけば問題ないよね。追記とか公開範囲とか。予約投稿なんてのもあるんだ、便利だねこれ。
 表示時間を変更して投稿・・・そんなこともできるのか。アリバイ工作しまくれるね(^^;

プロフィール

tate

Author:tate
名古屋在住の巨人ファン。
地元の青い球団は好きではない。

元野球ブログ。
現在はキューポッシュ、ねんどろいど等の小さなフィギュアで遊ぶブログ。
時々ゲームブログ。


とび森マイデザインまとめました。
お探しの方はコチラへどうぞ。

Switchフレンド募集中です。
SW-1860-4179-2608

カテゴリ
最新記事
その他
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 各種ブログランキング、Amazonア
 ソシエイトに参加しています。