1. Top
  2. » コメダ

待ってました!コメダ珈琲 ミニチュアコレクション vol.2




 まさかの第2弾。コメダ好きにはたまらない精巧なメニューのミニチュア。ケンエレファントから第2弾が発売されたので早速揃えてみた。

 前回はガチャガチャで揃えたが今回はコメダ店頭で見かけたので箱買い。
 vol.1と同じく各400円。


20191021_2.jpg


 今回も全6種類の人気メニューがミニチュア化。

 いつも飲んでいるアイスコーヒーがラインナップに入ったのは嬉しい。

 この勢いでvol.3も出ちゃう?でもラインナップが徐々に微妙になっていきそうだ。人気メニューは既にミニチュア化されてしまっているし。


 それでは一つ一つ見て行こう!


20191021_3.jpg
20191021_4.jpg


 アイスコーヒー。冷コー。アイス。ストローとフレッシュ付。

 デフォルトでガムシロップが入っている。注文時に「ガムシロ抜いて」と言えば抜いてくれる。席に座ると同時に「アイス、ガムシロ抜きで」が私の基本動作。冬でも基本アイスを飲む。

 ストロー袋の再現も凄いがコーヒーに浮いた氷の質感に驚いた。凄いなこれ。vol.1のホットコーヒーは黒く塗り潰しただけだったのに。


20191021_8.jpg
20191021_9.jpg


 クリームコーヒー。コースター、ストロー付。中身が取り出せる謎仕様。

 長年コメダ通いをしているが飲んだことがない一品。甘いコーヒーが苦手なのでクリームや甘味系は避けてきた。コメダ好き失格?わーったよ!今度飲んでやろうじゃないか!

 普通にアイスコーヒーにソフトクリームが乗ってるだけだと思うが。
 これもデフォだとガムシロが入ってるんだろうか。


20191021_10.jpg
20191021_11.jpg


 ソフトクリーム。ナプキンとスプーン付。

 コメダのソフトクリームは皿にベチャッと盛り付けてある。表現が汚い?すんません…
 味はごく普通のソフトクリーム。チケットが使えるので夏場たまーに注文することがある。

 クリーム本体とチェリーは皿から分離する。小さいのでチェリーは紛失しそうで恐い。


20191021_5.jpg


 金のアイスコーヒー。ストロー付。

 数年前に追加された新メニュー。ブラックで飲むことを推奨されているのでフレッシュは付かない。普通のアイスと比べると少々お高いが満足できる味。
 銅のグラスがめちゃくちゃ冷たいので夏場にお勧め。

 販売していない店舗もあるので注意。

 …塗装が剥げてる。真ん中のコメダおじさんの顔が。ちょっとショック。


20191021_6.jpg
20191021_7.jpg


 サマージュース。コースター、ストロー付。蓋が取れる。

 すっきりさわやかな柑橘系。いつもはコーヒーだが気分を変えて飲んでみるのも悪くない。
 だるまグラスもキュート。


20191021_12.jpg
20191021_13.jpg


 カツパン。カツサンド。3分割。

 ミニチュアは3分割だが注文時に言えばもっと細かく切ってもらえる。ボリューム満点。
 このミニチュアは少々ボリュームに欠ける。本物はもっとカツが分厚い。

 他に比べて作りが甘いような。パンのふっくら感は表現できてるけど肝心のカツが美味しそうに見えない。


20191021_14.jpg


 やはりキューポッシュには少し大きいかな。だるまグラスは頭部とほぼ同じ大きさ。
 バーベキューコンロに置いてるのは気にしない。火は点いてないから大丈夫!


20191021_15.jpg


 ジョッキサイズ。いや、寸胴鍋サイズ?


関連記事

 2019-5/4 コメダ好きは揃えよう!コメダ珈琲 ミニチュアコレクション。














コメダ好きは揃えよう!コメダ珈琲 ミニチュアコレクション。

 名古屋人にとってコメダ珈琲は特別な存在。

 幼少時からコメダと共に育った私にとっては夢のような玩具。それがケンエレファントから発売されたコメダ珈琲ミニチュアコレクション。やっと揃えることができたのでご紹介。


20190504_1.jpg

 全6種類。コメダを代表するメニューが精工にミニチュア化されている。

 個人的にはアイスコーヒーも入れてほしかった。第2弾があれば是非ラインナップに加えて頂きたい。あとはおしぼりとお冷、豆菓子も。コメダといえば豆菓子でしょう!


 以下、各メニューの個人的な感想と共にミニチュアをご紹介。


20190504_2.jpg

 ブレンドコーヒー。注文時は「ホット」と頼む人が多いのではなかろうか。

 コメダに限らず喫茶店では基本中の基本のメニュー。
 昔から飲んでいる味なので飲むと安心する。疲れている時に飲むとホッとする。それが私にとってのコメダのブレンドコーヒー。


20190504_3.jpg

 カフェオーレ。

 胃が不調の時や気まぐれで飲むことは稀にあるがブラック派の私はまず注文しない。子供の頃はアイスオーレをよく飲んでいた。


20190504_4.jpg

 クリームソーダ。通称「クリソー」。コースター付。クリームの着脱は残念ながら不可能。

 つま先部分にサクランボが入り込んで取り出すのに苦労した経験は誰にでもあるはず。このユニークなブーツグラス目当てにコメダに行きたがる子供も多い。…かもしれない。


20190504_5.jpg

 コーヒーシェーク。蓋が開閉できる。これもコースター付。

 クリームソーダと同じく子供に人気と思われるメニュー。飲む前にブンブン振り回してシェークする。もちろん蓋は閉めたままで。空いていたら大変なことになる。
 私も昔よく注文した記憶があるが量が量なのでお腹を壊すことが多々あった。


20190504_6.jpg

 シロノワール。皿、本体、シロップの3点セット。クリームの着脱は不可能。

 ご存じコメダの看板メニュー。近年は期間限定で変わり種(チョコやイチゴ等)も登場。
 一人で食べるには量が多い。そんな時は「ミニシロノワール」と言いたいがサイズ的に割高なので多少無理してでも大きい方を注文しよう。ケチな名古屋人的な考えです。


20190504_7.jpg

 ミックスサンド。サンドイッチ部分の4つは個々に独立している。

 このメニューには特に思い入れはない。味も量も普通のミックスサンド。
 なぜこのメニューをラインナップに入れたのだろう。ハンバーガーや網焼きチキンサンド、もしくはプレート系の方が需要はありそうだが…
 あ、ミックスサンド好きな方がいたらごめんなさいね…



20190504_8.jpg

 キューポッシュには少し大きいかな。ジョッキサイズのコーヒーになってしまっている。


20190504_9.jpg

 暁ちゃんにはこっちの方が似合うかな。